Mei-Writing Summer Camp 2017(Research Skills D-1)

申込期限が8月10日(木)延長されましたので,興味のある方はぜひ申し込んでください!

The deadline for application has been postponed to Thursday, 10th August, 2017. Apply now!

教養教育院アカデミック・ライティング教育部門から,「Mei-Writing Summer Camp 2017(Research Skills D-1)」の開催案内がありました。

サマーキャンプ2017(リサーチ・スキルズD-1)

サマーキャンプ2017が2017年9月6日(水)~10日(日)の日程で行われます。

サマーキャンプ2017の申込はこちらから行ってください。

申込期限:2017年8月10日(木)

ポスターはこちら。

Summer Camp 2017 (Research Skills D-1)

Summer Camp 2017 will take place on Wed, 6th September to Sun, 10th September, 2017.

Application for summer camp 2017 is now available. Please apply from here.

Deadline: Thursday, 10th August, 2017

CHECK THE POSTER

(2018年3月)ストラスブール大学フランス語研修

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

名古屋大学では学部1、2年生向けに毎年3月、フランスのストラスブール大学で2週間のフランス語研修を行っています。ストラスブールはヨーロッパの主要都市の一つで、欧州議会の所在地でもあります。現地学生との交流や家庭訪問なども組み込まれた魅力的なプログラムです。

今年度も以下のとおり研修を行います。

期  間: 2018年3月4日(日)-18日(日)の予定
定  員: 20名
場  所: ストラスブール大学(フランス)
説 明 会: 9月29日(金)5限の全学教育棟Call1教室で開催予定
単  位: 言語文化Ⅲ「文化事情(フランス)2」として開講され、「文化事情(フランス)1」と合わせて履修することにより単位認定されます。

研修の詳細は,こちら

これまでの研修の様子は,フランス語科のページで紹介しています。

復興庁が平成25年12月に設立した「新しい東北」官民連携推進協議会では、被災地の産業復興に向けた地域産業の創出の機運醸成を図ることを目的に、平成26年度からビジネスコンテストを開催しており、今年度で4回目です。

ビジネスコンテストでは、被災地における地域産業の復興や地域振興に資する事業(すでに取り組んでいるもの、これから取り組もうとしている事業計画の両方を含む)の募集をしており、受賞者には、大賞、優秀賞等の表彰の他、賞金や、起業や事業展開に役立つセミナーへの招待、複数のPR機会の提供、資金調達に関する支援などの特典を用意しています。

大学生、高校生をはじめとする学生のみなさんからも、広く募集しています。

新たに震災後から取り組んでいる事業や、被災を乗り越え再起を図る事業など、ふるってご応募ください。

募集期間:平成29年8月18日(金)まで


[詳細はこちらから]
http://www.newtohoku.org/bcontest/

パテントコンテスト・デザインパテントコンテストについて

 パテントコンテスト及びデザインパテントコンテストは、日本の次世代を担う若い高校生、高等専門学校生、大学生、専修学校生及び大学校生の皆さんが、自ら考え出した発明又はデザイン(意匠)について応募いただき、優秀なものについては優秀賞(出願支援対象)として表彰するとともに、実際に特許庁への出願を支援することで、特許権又は意匠権の取得までの手続を実体験していただくものです。
 このコンテストを通じて、生徒、学生等の皆さんの知的財産マインドが高まり、また、知的財産権制度への理解が深まることを期待しています。

詳細はこちらをご覧ください。/

The collaborative research centre 1015 "Otium/Leisure. Borders, spatio-temporality, practices" of the University of Freiburg, which is funded by the DFG (Deutsche Forschungsgemeinschaft), is going to allocate

two scholarships of 12 months to PhD students of universities abroad.

These scholarships are part of a graduate school within the research centre. The programme provided during the 12 months of scholarship will make it possible for outstanding young academics from abroad to develop their own PhD project in the interdisciplinary environment of the research centre. It is also possible to apply for a shorter period of funding of at least 4 months. The scholarship applies to projects that are situated in the field of the collaborative research centre and that are concerned with systematic and historical approaches to borders, spatio-temporal dimensions, and practices of "otium". With the central focus of research being hardly translatable into English, these comprise contemplation, leisure, otiose activities, idleness or indolence - depending on the context and subject area. The scholarship will consist of 1.365 Euro per month with an extra 103 Euro for material costs. The earliest possible date to apply for will be October 1st, 2017. For the duration of the scholarship active participation at both the graduate school programme and the activities of the research centre will be required. The working language will be German. You can find further information on the research centre's different projects as well as the graduate school on the homepage: www.sfb1015.uni-freiburg.de

Please attach to your German or English application a motivation letter, an exposé of your dissertation project (5 pages at most), a CV, your academic certificates, as well as your supervisor's approval and send the application until July 15th, 2017 via letter or e-mail to: gregor.dobler@sfb1015.uni-freiburg.de.

Herrn Prof. Dr. Gregor Dobler

Albert-Ludwigs-Universität Freiburg

Institut für Ethnologie

Werthmannstr. 10

D-79085 Freiburg

If you have any further questions, do not hesitate to contact the coordinator of the graduate school, anna.sennefelder@sfb1015.uni-freiburg.de. The collaborative research centre aims at furthering equal opportunities of female and male academics and therefore would like to specifically encourage qualified female PhD students to apply.

(9/30締切)司馬遼太郎フェローシップ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

二十一世紀を担う若者たちへ

 作家・司馬遼太郎は、文学以外にも社会の広い分野に生き生きとした好奇心を持ちつづけた開かれた心の持ち主でした。それだけに、この国の行く末を案じ、同時に21世紀をになう若者たちの知性に、大きな期待と希望を抱いていました。この司馬遼太郎の想いを継承し、記念財団は若者たちの知の世界への探求を応援します。奮って応募してください。

司馬遼太郎フェローシップ応募要項

 企画原稿には履歴書(書式自由。氏名、生年月日、国籍、現住所、連絡先電話番号、在籍する学校名あるいは勤務先名等)を添えてください。

■対象企画
司馬遼太郎の作品群にインスピレーションを得た、知的世界への探求企画。
国内外、分野を問わず、自由な発想に基づく調査・研究、旅行計画などの企画を、パソコン等で日本語2000字以内にまとめてください。未発表企画に限ります。
■応募資格
満16歳から25歳の若者。性別、国籍を問いません。
■奨励金
1件につき30万円。3名まで。
■企画提出締切
毎年9月末日(当日消印有効)
■選考結果の発表
毎年11月下旬

※フェローシップ対象に決定された方は、企画を1 年以内に実行後、レポートの提出が必要です。(400 字詰め原稿用紙20 枚程度)。一部を菜の花忌(毎年2 月)で発表していただきます。
※応募原稿は返却いたしません。なお、個人情報は、その保護と適切な管理をします。

■送り先
〒577-0803
大阪府東大阪市下小阪3-11-18
司馬遼太郎記念財団事務局

詳しくはこちらをご覧ください。

Mei-Writing Workshop 2017 on July 6th

教養教育院アカデミック・ライティング教育部門から,「Mei-Writing Workshop」の開催案内がありました。

アカデミックライティングの専門家が,毎期,Mei-Writing Workshopを開催しており,どなたでも参加できます。今年度の第2回は7月6日(木)開催です。

Academic Writing Specilalists give workshops every semester. Their workshops are open to anyone interested in attending.

"What Do Students Find Difficult about Academic Writing?"

facilitator Masashi Kasaki

Date July 6th, 2017 (Thursday)

Time 16:30 - 18:00

Place Central Library of Nagoya University, Discovery Square (2F)

Open the Poster

官民協働海外留学支援プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」からお知らせです!

1.「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラム第8期生の募集開始!

トビタテの魅力!  ・インターンやボランティア留学も対象!  ・世界80ヶ国以上へ飛び立つ全国500人の同期ができる!  ・3,000人のトビタテ生の先輩とのネットワーク  ・経済界のトップや若手経営者等、豪華講師陣による研修もある!  ・企業インターンや勉強会等、留学後も広がる育成の機会!

対象  2018年4月1日~2018年10月31日までに留学開始を予定している学生

留学期間  28日以上~2年以内の留学

トビタテ!説明動画  トビタテ!の魅力と概要が分かる説明動画を是非ご覧ください!   → https://www.youtube.com/watch?v=fKzC1_4bwAs

オンライン申請システムのオープン  第8期募集の申請サイトは7/3(月)9時にオープン予定です。  

2.「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラム 第8期説明会開催!

第8期説明会を開催します!当日はトビタテ生の体験談を聞ける機会もあります ので、是非お気軽にご参加ください!

実施スケジュール   7/11(火)愛知会場[名古屋大学東山キャンパス 経済学部カンファレンスホール]   教職員対象 14:00~16:00    学生対象  17:30~19:30

内容(予定)  ・8期概要説明  ・トビタテ生の体験談  ・留学計画作成ワーク  ・留学計画ガイダンス  ・質疑応答     

申込方法  参加を希望される方は、以下のフォームよりお申し込みください。  https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mema-scrjs-c9e7a0d5a31ba781c0e9cfde0942f9fe

※定員に達し次第、締切りとなります。お早めにお申込みください。 ※当日の受付は、開始時間の15分前から開始します。

※「第8期オンライン説明会」 各会場の説明会にお越しいただけない方におかれましては、本動画をご参照いただけると幸いです。 URL:https://www.youtube.com/watch?v=hxWJeTrhy3g

学内問合せ:学生交流課学生交流係 久田・山村 TEL 052-789-2193/5733