名古屋大学人文学研究科 Graduate School of Humanities / School of Humanities

教育職員免許状の取得

文学部卒業者並びに大学院人文学研究科博士課程前期課程修了者に対する教育職員免許状授与の所要資格の認定を受けているものは以下のとおりです。

文学部

学 科

中学校教諭一種免許状

高等学校教諭一種免許状

人文学科

国語,社会,英語,ドイツ語,フランス語

国語,公民,地理歴史,英語,ドイツ語,フランス語

人文学研究科

専 攻

中学校教諭専修免許状

高等学校教諭専修免許状

人文学専攻

国語,社会,英語,ドイツ語,フランス語

国語,公民,地理歴史,英語,ドイツ語,フランス語

 

中学校教諭免許状・高等学校教諭免許状の基礎資格と最低修得単位数

中学校教諭及び高等学校教諭の免許状を取得する場合には,次の表に示すように単位を修得しなければいけません。表の「教科に関する科目」とは,免許教科に関する科目(専門系科目)で,「教職に関する科目」とは,どの免許状を取得する場合にも修得しなければならない教職に関する科目です。

所要資格等

 

 

 

免許状種類

基礎資格

大学で修得しなければならない単位数

介護等体験

教科に関する科目

教職に関する科目

教科又は教職に関する科目

日本国憲法

体育

外国語コミュニケーション

情報機器の操作

中学校教諭

一種

学士の学位を有すること

20

31

8

2

2

2

2

7日間

28

31

2

2

2

2

専修

修士の学位を有すること

20

31

32

2

2

2

2

7日間

(28)

(31)

24

(2)

(2)

(2)

(2)

高等学校教諭

一種

学士の学位を有すること

20

23

16

2

2

2

2

32

27

2

2

2

2

専修

修士の学位を有すること

20

23

40

2

2

2

2

(32)

(27)

24

(2)

(2)

(2)

(2)

①免許状種類(一種,専修)それぞれの上段の単位数は教育職員免許法等に定める免許状取得の最低修得単位数で,下段は名古屋大学における最低修得単位です。これは本学のカリキュラム構成上,修得方法がこのようになるため,下段に合わせて単位を修得してください。

②高等学校教諭免許状のみを取得しようとする場合は,「介護等体験」を行う必要はありません。

③専修免許状の取得には,一種免許状に必要な単位を修得し,博士課程(前期課程)で,教科または教職に関する科目を24単位修得する必要があります。

 

「日本国憲法」,「体育」,「外国語コミュニケーション」,「情報機器の操作」及び「介護等体験」の単位等修得方法

文部省令で定める科目等

単位等修得方法

日本国憲法

文系基礎科目の中の「日本国憲法」2単位を修得

体   育

健康スポーツ科学の中の健康・スポーツ科学実習Ⅰ及びⅡから2単位以上を修得

外国語コミュニケーション

言語文化の中の

英語(コミュニケーション),英語(上級),英語(セミナー) 英語検定試験※

ドイツ語1・2・3・4,中級ドイツ語1・2,上級ドイツ語1・2

フランス語1・2・3・4,中級フランス語1・2,上級フランス語1・2

ロシア語1・2・3・4,中級ロシア語1・2,上級ロシア語1・2

中国語1・2・3・4,中級中国語1・2,上級中国語1・2

スペイン語1・2・3・4,中級スペイン語1・2,上級スペイン語1・2

朝鮮・韓国語1・2・3・4,中級朝鮮・韓国語1・2,上級朝鮮・韓国語1・2

*)上記科目から2単位以上を修得

情報機器の操作

全学教育科目又は,学部専門科目から2単位以上修得

○全学教育科目は下記のとおり,

  理系基礎科目.........情報リテラシー(文系)

  理系教養科目.........図情報とコンピュータ

  理系教養科目.........情報リテラシー(理系)

  (シラバス等で受講対象学部等を確認のうえ履修してください)

○学部専門科目は下記のとおり。(所属学部の開講科目を受講してください。)

  文学部.........情報学演習

  なお,大学院生については,学部専門科目を受講して「情報機器の操作」に関する単位を修得してください。(全学教育科目の受講は認められません。)

介護等体験

中学校教諭免許状(一種,専修)を取得しようとする場合,7日間の社会福祉施設,特殊教育諸学校等での介護等体験が必要です。(この介護等体験を行わないと,中学校教諭免許状の申請はできません。)

この介護等体験は,原則として学部3年次(特別の理由がある場合は,学部2年次)に行いますが,実施の前年度に申込みが必要です。

なお,この介護等体験を必要としない場合もありますので,詳しくは文系教務課(人文)へ問い合わせてください。

※3年次編入で入学した学生は,教職の単位に認められません。

 

教科に関する科目の修得方法

中学校教諭一種免許状

高等学校教諭一種免許状

免許教科

中学校教諭免許状取得に必要な単位数

高等学校教諭免許状取得に必要な単位数

免許法に定める科目区分

免許法に定める単位数

本学で指定する単位数

免許法に定める科目区分

免許法に定める単位数

本学で指定する単位数

国語学(音声言語及び文章表現に関するものを含む。)

各科目区分で1単位以上

合計

20単位

各科目区分で1単位以上

合計

28単位

国語学(音声言語及び文章表現に関するものを含む。)

各科目区分で1単位以上

合計

20単位

各科目区分で1単位以上

合計

32単位

国文学(国文学史を含む。)

国文学(国文学史を含む。)

漢文学

漢文学

書道(書写を中心とする。)

日本史及び外国史

各科目区分で1単位以上

合計

20単位

各科目区分で1単位以上

合計

28単位

地理学(地誌を含む。)

「法律学,政治学」

「社会学,経済学」

「哲学,倫理学,宗教学」

地理歴史

日本史

各科目区分で1単位以上

合計

20単位

各科目区分で1単位以上

合計

32単位

外国史

人文地理学及び自然地理学

地誌

「法律学(国際法を含む),政治学(国際政治を含む。)」

各科目区分で1単位以上

合計

20単位

各科目区分で1単位以上

合計

32単位

「社会学,経済学(国際経済を含む。)」

「哲学,倫理学,宗教学,心理」

英語学

各科目区分で1単位以上

合計

20単位

各科目区分で1単位以上

合計

28単位

英語学

各科目区分で1単位以上

合計

20単位

各科目区分で1単位以上

合計

32単位

英米文学

英米文学

英語コミュニケーション

英語コミュニケーション

異文化理解※

異文化理解

①英語以外の外国語の場合は,英語に準ずる。

②「免許法に定める科目区分」欄に掲げられた名称が,"及び"となっている場合は,及びで結ばれた科目を全てにわたって履修し,"「 」"が付されている場合は,「 」内の科目の1つ以上にわたって履修しなければならない。また,"(...含む)"とされている場合は,その内容を含んだ科目を履修しなければならない。

③文学部開講科目と教科に関する専門科目の読み替えは,本便覧に掲載されているので参照のこと。

④各教科に関する専門科目中,他学部の聴講により取得しなければならない単位もあるので注意すること。

 

教職に関する科目の修得方法...「教職課程の手引き」を参照のこと。

News & Events