名古屋大学人文学研究科 Graduate School of Humanities / School of Humanities

満期退学(博士後期課程)

人文学研究科における博士後期課程満期退学の条件は,以下のとおりです。

(1)後期課程に原則として3年間在学し,「博士論文研究」を原則として毎学期2単位ずつ合計12単位以上を取得し,かつ,研究指導を受けること。

(2)満期退学申請時において,1編以上の論文が学会誌等に掲載されていること。またはこれと同等の研究業績を有すること。

 

(旧)国際言語文化研究科における博士後期満期退学の手続きは,以下を参照してください。
(平成29年9月末)博士後期課程の満期退学手続について

博士後期課程3年生に在学中の方で,各専攻に定める満期退学の条件を満たし,9月末日の満期退学を希望する方は,以下のとおり手続きを行ってください。

 

平成29年8月31日(木)までに,『満期退学届』を文系教務課(国際言語文化研究科)へ提出してください。届出様式は,文系教務課(国際言語文化研究科)の窓口でも配付しています。

注)満期退学の条件は,指導教員に確認してください。

 

 日本言語文化専攻の学生は,『満期退学届』と共に,「満期退学予定調査票(回答)」提出締切:平成29年8月31日(木))を文系教務課(国際言語文化研究科)に提出してください。

満期退学にかかる論文審査委員会審査の請求は,平成29年7月10日(月)までに主指導教員を通して行ってください。

(旧)文学研究科における博士後期満期退学の手続きは、以下を参照してください。
(平成29年9月末)博士後期課程の満期退学手続について

博士後期課程3年生に在学中で、文学研究科規程に定める満期退学の条件を満たし、9月末日での満期退学を希望する方は、平成29年9月1日(金)までに文系教務課(文学研究科)へ「満期退学届」を提出してください。用紙は文系教務課(文学研究科)にあります。

 

News & Events