名古屋大学人文学研究科 Graduate School of Humanities / School of Humanities

応用日本語学 applied Japanese linguitics

大学院

 応用日本語学分野は、「日本語学」「日本語教育方法論」「日本文化論」の体系的な知識を身に付け、各分野の専門的な研究を行うとともに、日本語教育へ応用する力、日本語教育を実践する力を身に付けることを目指す。専門分野を持った日本語教師を目指す人も総合的な実力を養うことができる。

 「日本語学」の領域では、日本語学の幅広い分野について学ぶことができる。特に、文法論、意味論、語彙論を専門とする教員が授業および論文指導を担当する。文法論に関しては、現代日本語を中心とする記述文法に加えて、日本語教育のための文法研究も重要なテーマである。意味論は、現代日本語を対象とし、認知言語学の枠組みでの様々な意味研究(比喩、多義語、類義表現、百科事典的意味等)を学ぶことができる。語彙論は、文法と意味の観点を重視し、現代日本語の研究に加えて、通時的な研究も学ぶことができる。特に、漢語語彙の共時的・通時的研究に取り組むことができる。さらに、日本語と韓国語の対照研究(特に、文法と意味の観点)および日本語教育への応用も学ぶことができる。

 「日本語教育方法論」とは、その名の通り日本語の教育の方法を構築していくための理論的背景となる研究を行うとともに、それらの研究成果を応用し日本語教育の方法を開発、実施し、その効果と課題を明らかにする研究分野である。また、ICT(情報コミュニケーション技術)を利用した日本語教育方法の開発、談話分析やストラテジー研究の成果を応用した学習環境の提案を行い、その効果や課題を検討するために、教室における相互交渉分析などの研究を行っている。

 「日本文化論」の領域では、主に文化人類学・民俗学の方法論による日本文化研究の知識を身に付け、グローバルな視点(特に東アジアの近隣諸国との比較)から日本文化を相対化する複眼的な思考力を養うとともに、そこで得られた知見を日本語教育(とくに「日本事情」教育)に応用する力、実践する力を身に付けることを目指す。

言語文化系学位プログラム

文芸言語学コース

哲学倫理学コース

歴史文化系学位プログラム

歴史学・人類学コース

総合文化学コース

英語高度専門職業人学位プログラム

英語高度専門職業人コース

News & Events